砂糖をやめれば絶対痩せる(体験談)

スポンサーリンク

高温期太り

久々に高温期が2週間あり、平均10日の私がまさかそんなに長い間高温期を保てると思っていなかった為、欲望のままに食べていたら太りました。

人って、2週間であれだけ体型変わるんだね。

所有する何本かのスキニーが、全部きつくなった。
お腹のボタンがかけれない。
太ももが張り裂けそう。
はくとピチピチなんだけど、歩いても文字通りピチピチって音がするw

高温期終われば元に戻るしと深く考えずに今度はブーツカットに足を通すと、恐ろしい事に膝周りがきつい。

ああ、仮じゃなくて、確実に太くなってるんだ・・・

もしかして、高温期を装って、中年太りはじまったかも知れない。

その時、妊娠していた頃の記憶が蘇りました。

何も食べていないのにお腹だけ膨張して、おまけに1キロも体重が増えてしまうと言う、全く説明のつかない怪奇現象の連続。
お水を飲んでも太る、空気を吸っても太る、何をやっても増え続ける体重。

今回の高温期は、妊娠もしていないのにまるで妊娠していた時のような太り方をしました。

冗談抜きに、鏡で横から見てみたら、妊娠5ヶ月でした。

リセットし3日、漸く15日ぶりにジーンズに恐る恐る足を通すと、あ、はけた。
ホルモンさんの暴走が、やっと過ぎ去ったんだw
と言ってもね、悲しいかな、お腹はまだまだキツイ。

結果的に言えば、確かに高温期のホルモンのバランスが悪くて食欲が増した訳ですが、見た目や数字(怖くて量ってないけれど)は食べたものの質や量の結果です。量が少なくても、ヘビーだったりジャンキーなものであれば、やはり太ってしまいます。

参考までに自分の体形の歴史

さて、普段の自分と言えば、女性ホルモンよりも男性ホルモンが多いのではないかと思うような体形です。

ええ、悲しいw

筋肉質で、例えば一日歩いたら直ぐに見た目が引き締まっているのが分かると言うような、兎に角結果の早い女です。沢山食べるし、特に代謝が誰よりも良いとか胃下垂だとかではないのですが、年を取る毎に万年少年体型の父に体型も食の嗜好も似てきています。

そんな私でも、オンオフで骸骨レベルからギリギリぽっちゃりまで、思春期から35歳位まで繰り返してきました。

はじめて太ったのを自覚したのは、18歳のある日。
その頃になると女性ホルモンの分泌が活発になり、日々お腹周りと下半身の成長を遂げていた事を知らなかったのは、多分本人だけでした。
あれは忘れもしないあの日。ボーイフレンドと信号待ちをしていたその瞬間、まるで落ち込んでいる人を元気つけるように言いました。

「僕は、君がどんなに太ってもずっと好きだから」

「・・・・はぁ????????????父譲りの食べても太らない体の私に向かって、何を寝ぼけた事を・・・ふっ・・・」

えっと、どうでもいいけど、信号待ってるだけの時に、いきなり何wwwww

で、その場は流した私ですが、信号待ちの時にサラリと言われたのが余計に気になり、家に帰って彼の言った事がどういう事が確かめたくて前年の身体検査以来久々に体重計に乗ると、見た事もない数字が目の前に・・・い・・・一体いつの間に。

そういえば、最近やたらお腹が太いなぁ・・・とやっと気付く。

20代前半でアメリカに来てから少しだけ痩せたのですが、途中ニキビ治療の為にピルを薦められ飲み始めると、その作用で甘いものばかりを好むようになりました。
20代後半でストレスから激痩せしたにも関わらず、30過ぎた頃にまたぽっちゃりに戻ります。

当時は、手のひらサイズのチョコディップ付のチョコレートチップクッキーを毎日ランチとして食べ(たまに日に二回)、ヴェンティのバニララテにホイップクリームタップリを毎日飲み(注:アメリカのヴェンティは日本のと比べものにならない位大きいです)、食事に出掛ければ濃厚なデザートを必ずオーダーしてペロリ。たまに友人の分も。そうそう、かつて一度だけ、ランチの直後にドーナツを6個完食した事もあったっけ。ここまで書くと、よく肥満にならなかったと・・・。一応ギリギリぽっちゃりを何年かキープしていました。顔は丸いし、ピッタリの服を着ると、ちょっとむちっとしている感じ。

所が、30代を過ぎて漸くニキビとお別れでき(長い道のりだった・・・)やっとピルの服用をやめたところ、甘いものを体が受け付けなくなってしまいました。

私の食生活から、一切お砂糖が消えました。

ヴェンティサイズのラテに生クリームなんて、天地がひっくり返ってももう全部飲めない。
ドーナツとかクッキー食べるんだったら、サンドイッチ食べた方がまし。
食事した後、デザート食べる位だったら前菜でも頼んだ方がいい。

まるで、人が変わったような食生活になりました。

意識的にそうした訳でないので、その時期に一切お砂糖をとっていなかったのに気付いたのは、後で会う友人皆に痩せたと驚かれはじめた時でした。

そういえば、最近前持っていた洋服が大きい。皆痩せたって言うけど、そんなに痩せたのかな・・・と体重計に乗ったらビックリ。

痩せるつもりがなかったので体重計にはずっと乗っていませんでしたが、最後に量ってから半年もあいていないと思います。
5キロ程痩せてました。

砂糖を食べなくなってから

出産した後はバランスが取れたのか、お砂糖も体が少しずつ欲しがるようになり、たまに甘いものも食べています。
白いお砂糖は体によくないので、常備しているのはオーガニックの精製していないお砂糖です。使うのは、お料理の時たまにと、子供にお菓子を作る時位です。

一日に食べたものを振り返った時、どれ位お砂糖をとっていますか?
コーヒーに一杯とか、お昼の菓子パンとか、小腹が空いた時のチョコレートとか・・・もしかして、考えている以上に摂取量があったりします。そんな時はまず、一日意識してお砂糖を控えてみて下さい。一日の終わりに、お腹も頭もスッキリしていると思います。

人工甘味料は、いくらカロリーゼロでも使用しないで頑張りましょう。あまり体に良いものではありませんし、カロリーゼロだけど、特にお砂糖代わりにしたからと言って痩せる訳でもないようです。

お砂糖を控える生活が普通になると、体がしゃきっとするからか頭までスッキリしてきます。

日本は美味しいものの誘惑が沢山あるから難しいと思うけど・・・お砂糖をとらないのは厳しい食事制限よりも少し楽だから、痩せたい人は、難しい食事制限をする前にお砂糖を制限してみて下さい。きっと結果に驚くはず!

スポンサーリンク