(2月)引き続きテストしています+アメリカの妊娠検査薬の事

今日の午前中の記事で書いたように、ちょっとビックリする事がありました。

WondfoのHPT(以下妊娠検査薬)を使用して、引き続きテストしています。

朝に見たのは確実に日本線だったのですが、時間も経っているしあまり信じられません。

あれ以来何回かテストしているのですが、夕方に使用したWondfoに薄らと線が見えています。けれども、直ぐに線がついた訳でもなく、影っぽいので十分に蒸発線の可能性があります。

日本だとフライングと言う事で、信憑性もないし、化学流産だった場合に嫌な思いをするからと、高温期7日目位からのテストはあまりポピュラーでない印象を受けます。勿論、実行しておられる方は沢山いらっしゃるので、今までもブログを参考にさせて頂きました。

日本で人気な製品は、生理当日から使えると記憶しています。
アメリカで販売されている検査薬はどれも早期発見を売りにしており、一番人気なのはFirst Responseと言うシリーズで、一番早くて生理6日前には分かり、99%の確率で正確な結果が得られるというものです。

他にも、大体のものは5日前には分かると言うものです。

勿論、ホルモンの出方は人それぞれなので、生理予定日以降に結果が分かった方も沢山いらっしゃいますし、また、高温期6日目位から線が出てるなんて場合もあります。

さて、私のこの結果はどうなるのか・・・まだまだ油断は出来ません。

関連コンテンツ
スポンサーリンク