(2017年)11月の高温期の記録と占い師さんに言われたこと

スポンサーリンク

体外受精は諦めたけど・・・

先日、体外受精を諦めたこととその経緯について記事にしました。その後、不妊治療を長く続けていた友人から、体外受精をして第一子を授かった報告を受けました。彼女はまだとても若く、原因不明のまま長い間不妊で悩んでいたのを知っていたので、これは本当に嬉しかった。

とても素敵なご夫婦で、この二人のもとに産まれて来れる赤ちゃんは幸せ者だなと、いつもそう思っていました。お互いに尊敬し愛し合っている二人のもとに、いつ赤ちゃんが訪れてくれるのかとうずうずしていました。

私達夫婦が体外受精をすると決めた頃、彼らも体外に向けて準備をはじめていました。私達4人にとって、はじめての経験です。お互い、あまり友人には話をしませんでしたが、二人の間では色んな話をしました。暫く会っていなかった時も、どうしているかな、治療はうまくいっているかなといつも気にかかっていました。

やっと再会出来た時、自然と話が体外の話題に流れて行ったので、彼女に治療経過を聞いてみると、体外受精で妊娠したと報告を受けました。ああ、やっと来てくれた!!!それから暫く彼女の素晴らしい体験について話に耳を傾け、何となく会話が私の事に向いてきたので、私はキャンセルした事を話しました。

こういう事を書いて良いか分からないけれども、彼女達は私達が体外受精で第二子を授かるよりも、赤ちゃんを授かるべきだと思うし、もし神様が存在して順序を決めていらっしゃるのだったら、絶対的に(私達よりも)「優先」されるべき二人なのです。こんな風な言い方をして不快に思われたら本当にごめんなさい。私は、ここで「彼女対世の中の女性」とはまるで考えていません。ただ、身近で彼らの苦労と苦悩を見てきたので、遂にこの時が来たと言うこの幸せを、誰よりも味わい誰よりも噛み締めて欲しいのです。

彼女の報告を受けて、やっぱり体外をやめて良かったなと何故か思いました。なんででしょうね?

11月に妊娠して、2018年に産まれると占い師が言ってた話

前回の記事には書いていないのですが、2017年の初めになんとなく受けた占い師のリーディングで、妊娠の事を聞いてみたのです。

その方は友人の長年の知り合いで、当たり方が半端ないとそんな話をよく聞いていたので、他の友人たちと会う約束をしてみたのです。年のはじめに目標を作るのに、気軽な気持ちでした。

色々とメモを取ったのですが、最近になってそれを読み返してみると、仕事面については異様に当たっていて、また子供の事なんかも結構当たってました。夫の事で一つ外れてたけど、大体あってた。外れていた事と言うのは、彼が事故や怪我をする可能性のある月があるから、その月は(ある事)に気をつけなさいと具体的に言われたので、それを実行したのです。そうしたら、事故や怪我はありませんでした。

さて、気になる妊娠の事ですが、以下のような答えが返ってきました。

”今年が妊娠の最後のチャンス。11月に妊娠して、来年(2018年)に産まれるわ。”

もう11月になりました!

上記のような事を言われたので、今年中ずーーっと撃沈しても「11月じゃないから仕方ない」とか「今妊娠しないはず」とずっと考えてきました。それは気休めと言うか、そう思うようにすればリセットしても悲しくなかったから。

最初に体外に挑もうと準備をし始めたのは、2017年の夏です。クリニックで計算すると、丁度11月に移植をすると言う事でした。そこで、私の中の全私が「やっぱり妊娠するんだ!!体外受精で妊娠するんだ!!!うわーい!!!」とそりゃあお祭りモードになりましたよ!!

でも、その後ちょっと手違いがあり、予定が変わります。その手違いの後も11月に移植は変わりなかったのですが、ふたを開けてみるとなんと1月に変更されていたのです!!

あ・・・・と思いました。

占い師を100%信じている訳ではないけれども、心の中でかなり期待していたし、1月に移植と言う事は、11月に体外で妊娠することはゼロって事ねと開き直りました。実は、今回体外受精キャンセルしようと思ったのも、勿論年齢やテストの結果が80%以上を占めますが、その中の数パーセントはこの占い師さんの言葉と違うと思ったのはあります。神頼み状態ですから。

高温期に入って

今回の高温期でいつもと違う所は、ここ1、2か月で踵にある生殖器の反射区と頭の反射区がある親指を気合を入れてモミモミした所です。脳下垂体のある親指はホルモンを出すのに非常に大切ですから、きちんと排卵してくれるように真剣に揉み倒しました。そのお陰かいつもは酷かった排卵痛も今周期はかなり楽で、一日だけ夜寝る前に1時間位ズキズキしたのですが、それだけでした。また、普段リンパが腫れたりと色々排卵前にあるのですが、それもなかった。それだけでもラッキーです。

でも、今回は高温期に入って暫くしてからリンパが腫れてしまいました。コリから来るのだと思うのですが、ちょっと嫌です。痛いときあるし。また、基礎体温がいきなり高くなって、めっちゃ体の芯が暑い!だから、寒気ばかりしてヒーターをつけていてもブルブルしちゃってます。夫も私を触ったら「あっつ!」とビックリしていました。私もビックリしちゃうほど暑いんです。そのせいで眠気が半端ない。排卵して4日目位からおかしい。

これだけ聞くと「妊娠してるんじゃないの!?」と思うけど、こういう高温期は流産後にホルモンが激変した時に経験済みです。あの時は経験が浅く本当に妊娠したのだと思ってウキウキしながらフライングをしましたが、撃沈ばかりでそこから学びました。なので、今回はホルモンがどういう訳か暴れているのかも知れません。

排卵をしたのですが、基礎体温は綺麗に上がっていません。いきなり上がったり、いきなり下がったりで決してお手本になるようなグラフに仕上がっていないのです。でも、婦人系の反射区をよく揉んでいるお陰か、普段ある高温期中の不快感や感情の浮き沈みがあまりなく非常に助かっています。あと数日したらリセットだと思います。

体外受精でも5%の確立だと言われてしまうと、もう変に期待しなくなりました。でも、諦めずに地道に頑張ります。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

コメント

  1. ちづこ より:

    自分が不妊の最中周囲で妊娠していくのを見たとき、やっぱり心からおめでとうって思う方と複雑な気持ちになってしまう方(すごい子供をほしがってたわけじゃないとか、生活習慣がすごい無頓着そうな場合とか)といます、でも心で思うだけなら自由で良いと思います。

    まだ11月初めですし、もしくは日程ずらして、占い当たることを祈ります!

    • Sakura より:

      ちづこさん、お返事遅くなりまして申し訳ありません。優しいお言葉、ありがとうございます。妊活していなかった時は本当に何も考えず、妊娠したの?おめでとう~と言う感じで済んでいたし、ネットで「友人の妊娠に黒い感情を抱いてしまう」と言うような事をはじめて読んだ時、ちょっと衝撃があった程です。授かりものなのに、なぜ?と素直に疑問でした。でも、二人目不妊になってから、はじめてそういう感情がある事、自然な事である事、複雑だけどそういう事なんだよと自分で納得出来ました。まさか自分がそういう感情を抱く事になるとは夢にも思っていなかったので、そういう意味では、この二人目不妊と言うのは人の悲しみや苦悩に触れる為の大切な気づきの期間として与えられたのだと思うようにしています。

      占い、残念ながら当たりませんでしたが、どうも妊娠反応はしていたようなので、何年もそういう事がなかったのに実際体の変化があった事に対しては完全に外れたわけではないので凄いなと思います。それとも、信じる力がそうさせたのかな!?

      このまま踵や親指頑張って揉んでみます!!