(ウォークマットIIチャレンジ)首の反射区に注目

スポンサーリンク

官足法、まだまだ続けています!

一体何があったのでしょうか!こんなにブログお休みしちゃって・・・

2016年までの夏は比較的のほほーんとしていたので、きっと今年はブログ毎日更新しちゃう感じ!?と思っていたのですが、今年は凄く忙しくてあっという間に夏が終わってしまいました。

忙しいのは有難い事なのですが、ストレスが溜まり過ぎてまた首をやられてしまいました。パニックみたいになってしまい、レントゲン取ったら首が大変な事になっていた!現在、またカイロに通っています。

夏の間から現在も、かなり真剣にウォークマットは踏んでいます。
ブログを書いていない時期はウォークマットをしていない、と言う訳ではありません。ただ、書く時間がなくて・・・なんて甘えたこと言ってはいけないのですが、・・・ね。

心臓が悪い?動悸?原因は?

ここ2ヶ月ほどで頑張ったのは、副腎と基本ライン。
副腎は、痛い時と痛くない時があります。

副腎に併せて心臓と肝臓もかなり強く刺激をしていたのですが、心臓が硬い感じがして気になっていたのです。しかも痛い。

丁度一か月位前ですが、パニックのような発作になってしまい、正直死ぬかと思いました。あんな経験、はじめてでした。その後暫く、動悸で悩まされていました。確かに仕事のストレスで心も体も信じられない位敏感になっていたのですが、まさか動悸に悩まされるとは・・・それ以来暫くの間は(今もちょっと)、本当に些細な事で心臓がバクバクして大変でした。心配ばかりの毎日を1ヶ月程送りました。

はじめてパニックで心臓がバクバクした時、発作の時は副腎を押すと良いと何度も読んだことがあったので、横になりながら副腎を思いっきり押したんです。

まず、思いっきり押せたと言う事で「これは心臓ではないかも知れない」と思いました。ドキドキ酷くて呼吸が出来ない。死ぬかと思いました。でも、副腎は思い切り押せるほどのエネルギーがあったのです。暫くの間刺激し続けたのですが、動悸は全然止まない。息苦しくて一体これないんだろう・・・とても不安でした。不安が募って更に心拍数が速くなるのを感じました。

酷いパニックアタックは一度きりだったのですが、その後も日に何回も動悸がするようになってしまったので、お医者様に診て頂いたのですが、幸い心臓には問題がなく、不整脈でもありません。精神的なものであろうと言う事で終わりました。

その後、家にいる時に苦しくなると、ウォークマットを踏んでしのいでいました。身体が緊張しているので、足裏もこわばっています。それが解れてくると、体も自然と元に戻り楽になりました。

カイロに通い始めたのですが、最初の方は左側が凝っていて驚かれました。先生曰く、むかーし頭を打って怪我をした時に首の治療など受けなかったため、40代に突入した今になってガタが来ているのではないかと言う事。そういわれて納得でした。思い返せば、今悩まされているような極端に緊張と精神的に追い詰められるような気持ちになるようになったのは、頭の怪我をした後だと思い出しました。

首を治したい

首のレントゲンを撮ったら、去年のストレートネックとはまた違い、「これはリバースだよ!」と先生に驚かれました。喉の下の方が前に出っ張っているのです。先生曰く、これはストレスが原因と言う事でした。

首のせいでコリが酷くなり、そこから胃腸が悪くなったり呼吸が変になったり、また自律神経がやられてしまうのにはほとほと疲れました。根本から治さなければいけないと思い、最近はウォークマットの後で親指を揉みまくっています。

ウィンターベルのブログでも、半年以上官足法を続けて効果がない場合は、脳神経が関係している疑いがあると書いてあります。

脳神経が関係している症状と、その疑いがある症状を以下にまとめます。

「低血圧」「貧血」「徐脈」「不整脈」「頑固な便秘」「めまい」「ふらつき」「食欲不振」「てんかん」「ものがダブって見える」「視野がぼやける」「まぶたがいつも下がっている」「唾液が出ない」「味覚が鈍い」「食べ物を飲み込むのに時間がかかる」「ろれつが回らない」「頑固な肩こり」「頑固な首こり」「肩が水平以上あがらない」「四十肩」「五十肩」「首が回しにくい」「肩や肩甲骨が下がる」「寝た状態で頭を上げられない」「顔に痛みがある」「三叉神経痛(疼痛性チック)」「まぶたを閉じない」「口をすぼめるなど顔の筋肉の自由が利かない」「片側の耳だけが音を大きく感じる」「くちの端が緩んでよだれが落ちる」「耳鳴り」「難聴」「虚血性視神経症」「急な視力の低下」「視野が狭くなる」「嗅覚が弱いか、全くない」など。
まだまだほんの一部であるかもしれませんが、このような症状をお持ちで、なおかつ足揉みを半年以上もやっているのに改善が充分でない、といったような方は是非ご注目下さい。

 出典:「脳神経の反射区ウィンターベル健康ショップより

記事内には、とても役に立つ情報がありますので、もしも官足法なんて効かないと思っている方がいらっしゃいましたら、是非お読みください!きっと目から鱗です。

私は怪我のショックで脳に影響が来たと思います。また、首がやられてしまったために、神経が圧迫されて酷い耳鳴りがはじまりました。耳鳴りは怪我から数年後に左(怪我した方)の方からはじまり、去年ストレートネックになってからは右もたまにあるようになりました。

まだまだ元気でいたいし、基本健康なはずなのにアップダウンを繰り返すのには疲れました。
去年の人間ドックでも今回した血液検査でも、結果はすこぶる健康、まるで問題なしです。でも、少しストレスがかかると、直ぐに自律神経がやられてしまい、そこから来る首のこりが酷くなると更に内臓の不快感に悩まされます。原因が分からない時は、大病なのではないかと不安な毎日を送ります。そんな事を続けていたら、本当に病気になってしまいます。

ここ2週間位で頸椎の反射区と親指を今までしたことない位きちんと揉んでいます。
当たり前かも知れないし、でもやっぱり不思議なんだけど、左の親指を揉んでいると右側の頭がビリビリしてきます。そして、頸椎を揉んでいると、これもやはり首の辺りに刺激が来て、終わると軽くなっているのです。反対も同様です。私の場合は、左側の首と耳周辺が弱いので、右の親指と頸椎の反射区を揉むと痛い。今まであんなに一生懸命足裏全体揉んできたけど、まだまだこんなに痛い場所が残っていたのね・・・しかも凄く重要な所・・・

そういえば親指をぐわしぐわし揉み始めたその日、終わった後に左側の鼻の奥から後鼻漏として喉に落ちそうだったので洗面所に行くと、なんと血の塊が出てきてびっくらこいたよ!!!その後ちょっと出血して直ぐに止まったけど、一体何だったのか。偶然だったのか刺激があったからなのか・・・血は勘弁してね!

6月の時点では左の鼻の奥が腫れていたのはカメラで確認済みで、鼻から息をふんっと出すと必ず左からは右の半分位しか息が出てこなかったのに、ここ最近フルで息が出てくるようになった。腫れがひいたらしい。

その他変化

踵!!綺麗になってきました。ここ3か月位カサカサになっていましたが、夏の間に踵もかなり踏んだのもあってか、今は乾燥しているのに粉吹きません。むしろ夏に湿気があって暑かった時の方が白くカサカサしていました。カサカサが治ってきた頃に基礎体温にも変化があって、数か月前までと比べると低温期と高温期の温度や温度差が理想的になってきたと思います。去年位から低温期でも36度6分位あり、高温期になると殆ど37度前後を行ったり来たりだったので、ちょっと気になっていたのです。最近は、低温期は36.5度周辺、高温期は36.7度辺り。以前は高温期二日目で必ずガクッと下がっていたのですが、最近は綺麗に上がるようになりました。今月は、久々に周期14日目に排卵しています。

右の小腸の反射区も!右側は今までシコリがあったんだけど、夏の間はとっても痛いのを我慢して毎日小腸の箇所をウォークマットで刺激していました。凄く痛かったのが数週間続いたけど、最近はその痛みがなくなり、前あった硬いものもなくなっています。まだ少々膨らんでいるのですが、前のような硬さはなく、薄っぺらくはなってきています。

タコは完全に消えました。嬉しいですね~。右も左もタコの部分や小腸の反射区の皮むけがあったのですが、その後綺麗になくなりました。

こうして夏を振り返ると、3か月位でかなり変わったとは思います。途中体調を崩しましたが、比較的元気でいられた夏だとは思います。去年とは比べものにならない位活動的ではありました。

40代にもなると若さだけでは乗り切れなくなってきます。足の揉み方をきちんと覚える事によって免疫力や自然治癒力を高めて、年を取ってから健康的に生き生き過ごせたらいいな~と思いながら(痛みに耐えて)揉んでいます。

官足法 ウォークマットⅡ 裏板セット(ABS樹脂製補強板付き)

スポンサーリンク
関連コンテンツ