子宮卵管造影検査(HSG)の前日と当日

スポンサーリンク

予報接種をする羽目に

今回のクリニックで受けた検査で風疹などの結果が「ボーダーライン」だと言う事でした。
ボーダーラインと言うと、風疹やはしかに免疫があるかどうかハッキリしないと言う事で、念の為予防接種を受けるよう言われて打ちに行きました。

打つ前に先生に「この注射痛いのよ」と一言言われて、注射嫌いの私はフリーズ。

看護婦さんが打った時も、いてっ、いててててっと思わず声が出てしまいました恥。

残念ながら、MMRを打ったため30日間は妊娠出来ません。

あれよあれよとはじまった不妊治療なので、このままどんどん進むよりも、30日間検査や先生との面接を通して心の準備をしていけるかなと思います。

HSG前日から当日

先生に言われた通り、夫と共に抗生物質を飲み始めました。10日分処方されているんだけど、手元にあるプリントには5日分となっているので、多めにくれたのかな。
お薬は好きじゃないけど、仕方がないです。

そして当日、検査の1時間前に痛み止めを飲みます。
処方されたものを飲むけど、1錠か2錠か迷う所・・・前回もちょっとだけ痛かったし・・・けど、アメリカの痛み止めって私の体には強過ぎるんだけどね・・・でも、2錠飲んでおいた。

処方されたのはタイレノール3で、コイデンが入っています。眠くなる副作用があるので、今日はクリニックには運転出来ません。夫に連れて行ってもらいます。

さて、卵管造影検査については、またお話します。

ではでは・・・

スポンサーリンク