使ってみる価値120%あり!ウォークマットIIは凄い!

スポンサーリンク

清水の舞台から飛び降りるつもりで若石ローラーを購入

去年の12月末に若石ローラーを購入したのは、気合と、去年一年でかかった医療費を考えたらお安いものじゃないかと思ったからです。

一昨年経験した二度の流産の末、私のホルモンバランスはまるでジェットコースターのように激しく変動し、胸のシコリから片足の浮腫みまで、病気を疑うような症状もあった為、その度に病院へ行っていたのです。

私の住むアメリカでは、保険がきいたとしても場合によっては医療費が呆れる程高いのです。とは言うものの、少しでも不調があると、ついつい病院を頼ってしまいます。幾ら請求があるかは後で請求書を郵送されないと分からないし、これがまた忘れた頃に来るんだwと言う事で、まるでギャンブル。大部分で保険がカバーしてくれると思ってたらそうでもなかったり、逆に特別な検査をしてきっと高くつくと思うと、全額カバーしてあったり。カバレッジを理解していると思っていても、実はあまりよく分かっていないのですね、私。

若石ローラーの購入に至ったのは、日常的な足もみがいかに健康に効くかを以前から身をもって知っていたのがあります。それ以上に、高額な医療費を度々払う位だったら、高額な若石ローラーを買って体調管理に役立てたいと思いました。

でも、現実的に考えて、どんなに良いマシーンとは分かっていても、実際に何万も出して購入しようと考える方は多くないですよね。

足もみを体調の調整や体を健康に保つ為に日常的に実施している方にとって、あったら絶対に良いのは、ウォークマットIIだと思います。私も、ローラーの購入を決断する直前にウォークマットIIを先に買っています。

正直、ウォークマットIIは凄いと思う

ウォークマットIIは凄い奴なんです。

最初にマットに乗った時は、痛くてビックリしました。こんな大きな粒ばかりなので一見したところハードコアな感じではないのですが、甘く見過ぎました・・・

レビューなどを読むと、はじめの1週間はタオルや靴下なしでは乗れなかったと言う方が多いのです。足もみはやる事が多いからか、私は最初のうちから一応マットには乗れましたが・・・流石に足踏みまでは無理。上級者はマットの上でジャンプしちゃったり、踊っちゃったり出来るみたいでwwwwまぢか?無理w

ほんっとに痛いのよ、これ。

ウォークマットを購入する直前、右足の浮腫みだけ酷いのが数週間続いたので病院へ行ったのですが、お医者さんへ行って異常はないと分かった後、整体に暫く通いました。それと同時にウォークマットが届き、整体と並行して使用開始。

整体の先生によると、足の長さが1センチずれていると言う事。5日毎に通っているうちに、その差が縮まっていきましたが、多忙になり2週間あくことに。その間は、体調を整えるためにも必ず毎日ウォークマットを踏んでいました。

さて、2週間後に整体の先生の所へ帰ると、まず骨盤チェック。すると、先生が驚いたように「あれ、治ってる!」と仰いました。「2週間もあいてずれてないなんて、奇跡的な回復力ですよ」と。

なんか凄くない???

これ、絶対ウォークマットを頑張ってフミフミしていたからって自信があります。1か月弱の間、2週間弱は5日毎に通い、その後また2週間弱空いてやっと復帰。その間にすっかり回復してしまいました。

現在はローラーを主にしているのでウォークマットは毎日踏まないのですが、これだけローラーかけてるからもうウォークマットとか余裕じゃん?と思い乗ってみたら、ローラーとは違う痛みが(涙)。でも、以前より確実に足裏が柔らかくなっているのは実感出来たし、もっと深い所に痛みを感じたので、痛みがあると言ってもきちんと前進している事が感じ取れます。

友人も、ローラーをかけたあとウォークマットを経験したら、ウォークマットは全然違う痛み。これは凄く痛い!!!と半泣きでした。でも、彼女が言っていたのは・・・

これ、踏んでると地獄の痛みなんだけど、踏み終わるとスッキリするからはまるわね。

と絶賛!!!!

私も同感です。ウォークマットは容赦なし。気持ちよくないし痛いんだけど、その後の爽快感が半端ないです。指の間とか、ローラーでは届かない場所をぐりぐり出来て、これまた効くんですよね。

もしも購入されるような事があったら、一つだけ助言です。

裏板も一緒にオーダーする事をお薦めします!

お値段は少し上がりますが、裏板がないとサポートが少ないので、床の種類によっては安定感が失われて効果が薄れてしまうと思うんですね。私の自宅は主にカーペットと言うのもあり、裏板付で購入しました。

足ふみマットは色んなものが出ていますが、こちらは突起の大きさなども研究して作られているので、やはり効き目が違うような気がします!

スポンサーリンク