高温期11日目:フライング擬陽性事件( ;∀;)(画像アリ)

スポンサーリンク

高温期11日目突入後、その事件は起こった・・・

昨日、生理予定日が近づくにつれて日に日に濃く反応する排卵検査薬の記事を書いた後、もう一度、排卵検査薬と妊娠検査薬を使ってフライングテストしてみました。

もう夜遅く、検査結果が出るころには日付も変わり、高温期11日目に入ったところです。

排卵検査薬はすぐに反応があり、みるみるうちに陽性に。実際、排卵日前々日位の濃さはあります。肉眼で見ると、判定線と終了線の濃さに変わりがない位。

妊娠検査薬の方は、5分くらい経つと、ジワジワと判定線側に線が浮かんできたのです。

信じられなかった。

昨日は、午後に急に眠気が襲ってきたり、子宮口もいつもの状態とはまるで異なったり、またどんなにヒーターをつけても寒くて仕方がなかったりと、何だか変な日だったのです。それに、生理予定日近くになっても、今回はまるで下腹部痛がなかったし、胸もはらなかった。体温はそれ程高くないけれども、一応高温期並みのレベルは保っているし。

判定線に色がついてくる様子を伺いながら、やっとやっと、願いが叶った!!!!ととてもうれしいのと、まだまだ分からないと言う冷静な自分が同時に存在して、ほかの事をしながらあまり気にしないようにしていました。

こんなに濃くなるはずない!

最初、判定線が浮かんできたころは、試験結果の出る5分経った頃で、そのまま濃くなることは予想していませんでした。でも、高温期11日目と言えば、うっすら線が見える程度と言うのがほぼ100%で、遠くから見てもはっきりと判定線が見えるレベルはないはず。

ちなみに、色移りがあるといけないので、排卵倹約と妊娠検査薬は必ず離しています。

時間が経ってもまだ、判定線がどんどん濃くなってくる。もういいよ、高温期11日目なんだから、そんなに濃くならなくてももう見えたよ・・・思わず濃くなるのが止まらない妊検を心の中で宥める私。

まあね、こんなに濃くなった時点でおかしいです。
濃くなった後に気づいたのですが、下の所が切れているのですね。これは、下に貼った画像でも確認出来ます。

でも、ここまで濃くなる前、5分ほどで反応が見え始めたころは、本当に嬉しくて、最初はわけわからなくなって見てたんだけど、でも、今まで3年間ずっとずっと待ってた瞬間がやっと来た!やっと妊娠出来た!って、知らないうちに泣いていたほど。

嬉しくて涙が出てきて、隣に息子が寝ていたのですが、これからお兄ちゃんになるんだな、この子、また成長するな・・・ともう感無量。色んなハッピーな考えが脳裏に浮かんで、それはもう幸せな時間を過ごしたのです。

でも、濃くなった後に何だか信じられなくなって、もう一度確認の為に妊検を使ったら、かすりもしなかった。白いままでした。

そこで、擬陽性確定です。

次の朝

朝にまたテストしました。排卵検査薬は、また濃くなっていました。でも、妊娠検査薬はまるで反応なし。

福さん式をしてみると、子宮口までがとても狭くて届かない。口もそっぽを向いています。昨日と同じ。生理が来る気配は全くありません。

排卵日が21日から16,7日に短くなったので、もしかして今度は昔のように高温日が14日に戻るのかも知れない。14日とまではいかなくても、10日よりも長く。きっと、確実に赤ちゃんが出来易い体に戻ってくれてるんだと、今はそれを信じるしかありません。

まだリセットしていないので、様子を見ます。

さて、擬陽性の写真です。見て下さい。これは泣くでしょ?下の線の色が切れているのだって、濃くなるまで見えませんでした。
私の事、心の中で慰めて下さい笑。せっかく手に届きそうだったものが、一瞬にして目の前で崩れた気分です。

スポンサーリンク
関連コンテンツ