花粉症のせいで鼻水が出始めたのである事をしてみた

スポンサーリンク

鼻がムズムズしたから・・・

鼻がムズムズとし始めたら、足親指の鼻の反射区がビリビリし始めたんです。

残念ながら、最近また花粉症が出てきまして、鼻がずるついています。今のところ、去年のように一日中クリネックスを抱えている状態ではなく、一時期ムズムズしてそのあとは鼻すら詰まる事がない状態です。まだまだ序の口なのか、日によってはまるで影響がなく、この先どうなるのかハラハラしています。

先日、朝起きると鼻がムズムズしてモーニングアタックが来ました。あー、今年も毎日これで朝が始まるのか・・・と落ち込みながら鼻をかんでいると、左足親指がピリピリと刺激されてる。これは、鼻の反射区ではないかっ!

左足親指の鼻の反射区なので、右の鼻ですね。

その時の状態は、右の鼻が詰まり気味で、左が通っていました。でも、鼻水はどちらかと言うと右から出てきていたので、左は何となく涼しい顔していたのです。

左の親指を刺激すれば、右が反応するはずなのに

ビリビリ来る所を思うがままに揉んでいると、それまでなんでもなかった左鼻からいきなり大量に鼻水が出てきまして(汚い表現でしたら、ごめんなさい)、こんなんだったら揉まなきゃよかったのに!!!!と後悔するほどの量です。

だって、今まで痛くも痒くも鼻水も何にもなくて、スッキリ通っていた左鼻から、鼻水が堰を切ったように・・・・

それから暫く左から出まくり、右は更に詰まり、反射区揉んだら最悪の事態に!どうしてくれるのん?

これ記事にしてもなぁ・・・特に何か効果があったわけでもないし、と思いながらも、足もみメインのブログだし、こんな例を挙げたって良いじゃないと書くことにしました。

嬉しかったのは、ずっとあとになってすっきりした事です。結果としては良かったのですね。

あんな風に敏感に足指に反映するとは、しかも、左右逆であったとは言え、反射区を揉み始めた途端にあれだけの反応があるとは!!

やっぱり反射区って効くのね!と実感した出来事でした。

スポンサーリンク
関連コンテンツ