40代の二人目妊活:最近変わってきたこと

スポンサーリンク

タイムリミットは迫ってる!

40歳も軽く過ぎましたから、自然妊娠が難しい事は十二分にわかっています。2014年に二人目妊活をはじめた頃は既に40に差し掛かっていましたし、1年で2回流産を経験してから、ホルモンが劇変して不妊になり、あれ以来着床すら経験していません。

2015年は、不妊治療をしました。体外をするには金銭的に難しく、人工授精に何回か挑戦しました。お薬で卵を育てるし、排卵も計画的なので、これだったら妊娠出来るんじゃないかと思ったけど、やっぱりダメでした。お金の事もあったし、引越しなど色々大変だったので、結局断念。それからは、難しいのは重々承知でしたが、自然に任せる事にしました。

2016年もトライしていましたが、やっぱりダメ。ネットで40代以上の自然妊娠確立なんて見てしまうと、ますます落ち込みます。
排卵はきちんとしているようなのですが、ほぼ一年中体を壊したままだった為、微熱が去年前半から終わりまで続いて、高温期は37度以上まで上がりました。低温期の平均も、36.6度を切る事は一年を通してありませんでした。

低温期が理想的な温度に下がった

去年、鍼治療を経験したのがきっかけで、中医学にかなり興味を持つようになりました。

今は身近に漢方の先生がおらず、本を読んだりして知識を得て、自己判断で漢方を服用しています。中でも、井齋 偉矢先生がお書きになった「西洋医がすすめる、カラダが瞬時によみがえるサイエンス漢方」や「西洋医が教える、本当は速効で治る漢方」は中医学の知識がない私が読むのにとても理解しやすく、また漢方を身近に感じる事が出来何回か読み返しています。また、「病気にならない 漢方生活」も参考になりました。

少しばかりの知識を得て、私はかなりの確信を持って自分が腎陰虚だと言う事が分かってきました。老いと共に生殖機能が衰え、不妊にも陥り易いです。また、更年期障害の症状に共通する事が多いのも特徴です。

ここ1年で悩んでいた症状は以下の通りです。

白髪が急に増えた!
寝汗
耳鳴り
生理不順
基礎体温が全体的に高い
目が悪くなった
兎に角元気がない

見事に老化現象笑

白髪は27歳の頃から同じ場所に一本だけ出たり消えたりしていましたが、ここ4か月位で無制限に大放出状態で、まぁあっちこっちから出るわ出るわ。
今までは人よりエネルギーがあり睡眠時間少なくてもパワー全開でしたが、老化現象が始まってから人並み以下に疲れやすくなりました。
婦人系に関しては、排卵痛か生理痛のどちらかが出るようになり、しかも痛みが酷い。腰がきゅーっとしめられるようで苦しい!ホルモンのバランスも悪く、PMSが毎月更年期並み。低温期が平均21日で高温期はピッタリ10日。毎月の排卵が遅いのと年齢も手伝って、質の良い卵なんて育ちません。

このまま私は老いていくのだろうか・・・・と言う時に、とりあえず六味地黄丸を購入して飲んでみました。

購入先は、アメリカのアマゾンです。漢字で検索すると出てきてビックリ。

ちなみに、六味地黄丸(六味丸とも言う)は後からお話する八味地黄丸から「桂皮」と「附子」を除いたものです。疲れ易かったり、口が渇いたり、腰のトラブル或いは尿のトラブルにも効果があります。基礎体温も低くしてくれると言うので、それを期待して服用。

信じ難かったのですが、服用して間もなく低温期の体温が明らかに下がりました。今までは36.7度はあったのですが、結果的に36.4,5度に安定しました。服用後はじめての周期は、高温期までの上がりも綺麗だったし、以前のように37度を越える事なく36.7~8度位でした。10日後にきっかり生理は来ましたが、飲み始めてかなり早く体が反応したのでそれだけでも驚きです。また、あるはずの排卵痛も生理痛もなかったのです。それ以来、痛みは戻ってきていません(現在、服用から3周期目です)。

高温期の間は服用を止めました。六味地黄丸は体を冷やす働きがあるので、高温期には合わないようです。また、止める前からでしたが、段々お腹が緩くなっている事に気付き、それも一旦止めるきかっけになりました。お腹は直ぐに正常に戻り、これを機に次は当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を購入。

当帰芍薬散は血流を促し、更年期障害の症状を緩和したり、耳鳴りや倦怠感にも効くと言う事で期待してみました。日本では、不妊に効く漢方として有名です。当帰芍薬散を服用中、直観ででしたが自分の体に必要ないもの、飲んでも何も変化はないだろうと思い、ボトル一本で終了。

基礎体温は見事に改善され、六味地黄丸とは別の物を服用している今でも、綺麗な低温期です。さて、次の目標は生理周期を整えなければ。
生理周期が戻るには何が体に合いそうか調べ、八味地黄丸(はちみじおうがん)を試す事に。

体温だけでなく、ホルモンや生理周期まで・・・

当帰芍薬散を終えて直ぐに、八味地黄丸を飲み始めました。こちらもアメリカのアマゾンで購入。今回のは粉末でちょっと飲み難く、1グラムを1日3回に分けてお水に溶かしたりして飲みます。

八味地黄丸は私にとてもよく合っているようです。まず、ホルモンが変化してきたのを体で感じました。見た目も変わってきてちょっと驚き。
今まではガリガリちゃんだったのに、ふくよかになってきたし、女性ホルモンが湧き上がってきている感じが凄かった。言葉では説明できないんだけど、そういうのを体感して「これは私に合う」とまた得意の直観で感じました。

低温期の体温も素晴らしく、体のポジティブな変化に大きな喜びを感じていました。低温期も半ば、体が「排卵日近いよ」と訴えかけてきます。え?だって、まだ13,4日目だよ?ちょっと驚いて排卵検査薬を使ってみると、終了線よりも濃い判定線が出て、自分の目を疑いました。ここずっと21日目排卵だったのに!その時、八味地黄丸が自分に合っているであろう事を更に確信しました。

短期間でこの変化を経験し、とても大きな希望を持てました。このまま体が整えば、妊娠も夢じゃない!とまぁ、そんな保証はないのですが、去年まで体がガタガタでどうしようもなかったので、もっと早く漢方に出会っていればここまで老化しなかったかもとかw この件で、漢方の未知なる力を実感。凄い可能性を秘めていますね!次の目標は、良い先生を探す事。自分に本当に合った漢方に出会いたいです。

このブログの読者さん達の多くは日本に住んでいる方だと思います。日本には優れた漢方医が沢山いらっしゃいますし、漢方を取り扱っている薬屋さんも身近にあります。私のように自己判断ではどうしても100%活用出来ません。私が使った漢方と参考にしている書籍はご紹介しましたが、漢方に詳しい方とお話してから服用する事をお薦めします。

関連コンテンツ
スポンサーリンク