足(親)指揉み経過報告:痛みの種類と血流について

スポンサーリンク

真っ赤になるまでいじめてる

ここ最近足もみをさぼっていたお陰で、せっかくじっくりと揉み込んだ足指でしたが、状態が変わってしまいました。
足もみブログを書いていながら、何という無責任さ!!

でも、人間だもの。いいんです。そんな時もあるんです。

さて、足親指ですが、以前と違う新しい痛みが出てきています。もしかしてある程度柔らかくしたから「中の痛み」が出てきたのかも知れません。これが「真の痛み」なら良いのですが、今の所分かりません。まだ奥に何層か痛みが隠れているかも知れないし!

と言っても、今ある痛みはほんっとに痛いんです。半端ないんです。棒が親指に突っ込んじゃったのではないかと言う位。たまに確認しないと「あれ、穴開いてる?」と言う錯覚に陥ります。

でも、揉み始めると、痛いけどじわ~っと血が巡り始めている感じ。以前読んだウィンターベルさんのウェッブページでの一文が思い浮かびます。

親指は頭部全体の血行と関係します。特にどの反射区というのではなく、満遍なく揉むのが良いのです。親指の付け根が大事で、棒などを使っても良いのですが、手の人差し指と中指で付け根を深く、しっかりと挟んで、左右にねじります。
親指全体、揉み終わったあとに真っ赤になるくらい、いじめぬくこと。
出典:ウィンターベル健康ショップ耳鳴りを無くしたい

「真っ赤になるくらい、いじめぬくこと。」いじめてますよー。真っ赤ですよーwでも、後を引かないのね。
あの調子で足裏(足指)以外を揉んだら、普通は皮が剥けるか真っ赤になっても数日間引き摺るか、普通に「怪我」します。けど、足指や足裏は大丈夫なんですよね。相当悪い所はやはり変色したり腫れたりしますが、定期的に揉んでいる限り、赤みが酷かったり痛みが続いたりと言う事はあまりありません。

特に、「からだが蘇る! 奇跡の足もみ」の著者である和智惠子先生の表現する「老廃物を掻き出す」事を意識して揉み始めたら、無駄な痛みがなくなりとても助かっています。

老廃物の痛み

今、痛い場所は「鼻」です。特に右の親指。と言う事は、左側の鼻です。

いやぁ、流石反射区、バッチリ当たってます(涙)。まるで、自分の体に占い師さんが潜んでいる気分だ。

最近、何か変だと思う事があると、左の鼻です。去年(ほぼ一年中)鼻炎が酷かった頃は、右の鼻がいつも詰まっていました。むしろ左は快適で、これで右さえ通れば・・・といつも思っていました。が!今は左が何気なく詰まっているようです。自覚症状ありません。ただ、思いっきり息を吸い込んでも、右はすーーーっと爽やかな風が鼻の中を通り過ぎるのに、左はなんかそこまで。通ってるけど、爽快感がない。朝起きて詰まっているのも左。

左の耳鳴りが最近になって酷くなったのですが、多分鼻の詰まりと関係していると思うのです。なので、最近頑張っているのは、兎に角この痛い鼻の反射区と頸部の反射区、そして親指全体をぐりぐりと失神寸前まで揉み倒そうと思っています。長い間蓄積されてきた老廃物なので、そう簡単には痛みも消えないと思います。たまに小さなしこりも感じるので、そちらを砕くにも時間が掛かりそうですし。

ここ最近、また念入りに足親指を揉んでいるわけですが、今は特に右足の鼻の反射区が、言葉では言い表せない程痛みます。言って見れば「刺すような痛み」です。老廃物にあたった時は、何か尖ったものを突き刺しているような痛みが体中を巡り、一瞬にして鼻の頭に汗が滲みます。その直後に上半身が一気に熱くなり、そのまま続けているとじんわり汗もかいてきます。痛い場所を念入りに揉んでいる時は、大抵そうやって汗をかく事になります。涼しい顔してだなんてできない!毎回葛藤です。でも、続ければ変わるんだと信じる気持ちがあるから頑張れます。

全ての足指の先にある前頭洞の反射区は、ジャリジャリ音を立てるけど痛くありません。1か月位前までは強烈な痛みがあったのですが、一体どうした事か。でも、まだジャリ音がするので完全ではないのでしょう。

鼻から頸部にかけてぐっと棒を入れると、今度は鈍痛に変わります。しこりもあるし、かなり重症。鼻よりも頸部の方がこれから先が長そうです。そちらが治れば、鼻や耳鳴り、肩こりなんかも一気に解消されるのではないかなと期待しています。この鈍痛は汗をかくような種類じゃないんだけど、じわじわとこちらをいじめ返すような感じで痛みを送ってきます。厭らしい痛みなんですよ、これ。

血の巡りをよくするには足指をマッサージ!

最近読んだ美容記事に心ウキウキしてしまいました。足指をオイルマッサージする事によって、血液の循環を良くすると言うものでした。
こちらをご覧ください。

足の裏、とくにつま先は、体の中でも皮膚が薄く、そこにぬられたオイルは、血流に吸収されやすいのだそうです。
出典:大手小町オイル美容。真っ先にぬるべきは足の裏のつま先

足裏ってほんっとに奥が深いのね。心臓から遠いから、きちんとケアしてあげないと、ここが体の血の巡りの良し悪しを決める大きなポイントの一つなのね。

お恥ずかしながら、ここまでつま先が重要だとは考えていなかったのです。勿論、官足法においての重要性は分かっているつもりでしたが、他の分野、いや一般的な常識において、つま先がこんなに血流に深くかかわっているとはまるで思わなかったのです。この記事読んで良かった~。

官足法をはじめてから長い間経つのですが、ここ最近まで足指にそこまで重点を置いていませんでした。一回はまってみたら、こんなに大切な事が詰まっていたのに!と今まで蔑ろにしていたのを後悔するほど。これからは暫く足指をネチネチいじめ続けようと思います。

関連コンテンツ
スポンサーリンク