官足法で綺麗に痩せると思う6つの理由

官足法は不調を治すだけのもの?

官足法が知れ渡ったのは、慢性的な不調を治すのに有効であったり、肩こりや便秘など私達が日常的に不快になる症状を緩和してくれたり、または重篤な病気が良くなったと言う話もあるからです。

では、不調がないなら官足法をする必要はないのでしょうか?

そんな事はありません。

未来の病気の予防には役に立つし、体の状態を良好に保つのにも一役買ってくれます。

では、もう一つ皆さんの気になる所・・・
実はこれを検索してこのブログに辿り着いて下さる方が多かったりするのですが・・・
官足法を続けていると痩せるのでしょうか?ダイエットには有効でしょうか?

今回は、この疑問について考えてみたいと思います。

私個人の意見では、官足法を続ける事によって、自分にとってベストな体重に導いてくれるとは思います。特に、健康に影響がある体重だったら、本気でやれば順調なペースで標準体重まで戻せると思います。

ただ、もともと痩せなくても良い方が、もっと痩せたいからとかモデル体型になりたいからの理由で官足法を実践しても、これはちょっと難しい話かも。
毎日の浮腫みを取る事は出来ると思うので、体はスッキリするとは思います。

私はプロではありませんし、今までに何万人の足を見ただとか、診察しただとかそんな人間ではないです。なので、私がこの記事で書く事は、官足法を通しての経験や官足法の本を何冊か読んでそれなりに勉強して辿り着いた考えです。

さて、参考として自分の状態を書いておきます。
健康を保つ為に官足法を実践し、また食生活にも気を付けたりしてベスト体重を保っています。ちょっと食べ過ぎた日があったとしても、その後に普段の体重に直ぐに戻ります。体の浮腫みもほぼ経験ないです。

こちらでご報告した通り、血液検査の結果も問題なく、善玉コレステロールが少々高い程度。現在40代前半です。

官足法を続けていなかったらどうなっていたか分かりませんが、今の所体に大きな問題はなさそうだし(体調はちょくちょく崩すのですが)、標準体重よりもちょっと下回るのですが、体が小さいので丁度良いと思っています。ダイエットは今の所してはいませんが、官足法をして健康に気を付けている事は、体重維持と繋がっているとは思います。

どうして官足法が痩せる方向に導いてくれるのか、私個人の考えを幾つか挙げてみます。

痩せる道へ導いてくれると思う理由

1.血液の循環を良くする
官足法を実践していると、血液の循環が良くなります。血流が良くなればリンパの流れも良くなりますし、体中に栄養が行き届きます。流れが悪くて何処かに溜まって老廃物になる事を繰り返していたら、浮腫み易くなるし、食事制限をしても体は中々応えてくれません。血液の循環をよくするには、足裏の老廃物を崩し、ふくらはぎから出来れば足の付け根まで揉みあげて柔らかくする必要があります。老廃物は上にあげてあげて、尿として排出するのが官足法の目的です。また、ふくらはぎのマッサージは血行促進だけでなく、疲れを取ったりリンパの流れを良くして浮腫みのない本来の美しい形に戻してくれます。

2.胃腸を強くする
ダイエットを成功されるには、食べたものが体内に栄養素として吸収される事が大切です。胃腸の調子が良ければ吸収されないまま栄養素が体外に排出される事がないので、体は過剰な脂肪や老廃物を溜め込む必要がありません。胃腸が悪く栄養素が十分に行き渡らないと、痩せたとしてもガリガリしていて潤いもなく、また一定期間を過ぎると中々痩せなくなってしまいます。

土踏まずを良く揉んで消化器官を正常に戻し、また腸を揉んで栄養がきちんと吸収され無駄な物だけを排出するようにすると、体も喜びます!

3.排泄能力アップ
いらないものを体外に排出すると、健康にもなるし、体もスッキリします。
便秘になると普段のパンツやスカートがはけなくなると言う方がいらっしゃいます。私も昔はそうでした。昨日一昨日までは普通にはけていたジーンズが、便秘が気になってくる頃にきつくなったり、歩いても立っても座っても、兎に角四六時中お腹が張って気持ち悪い。最後にはお腹が空いていても、一口食べると直ぐに満腹になってしまって、きちんと食事が出来ない事も。

ここ最近はすこぶる快腸で、腸の反射区を丁寧に揉んだり便秘に効くものを毎日摂っていたりするのもあって、お腹が常にスッキリ気分です。子供の頃から長年悩まされた便秘から解放され、今が人生の中で一番快腸で、自分がとても誇らしいw
体の中に必要でないものを溜め込まないように、基本ラインをしっかり揉んで老廃物を尿で排出し、また腸の反射区が柔らかくなるようによく揉んで、便秘知らずになりましょう!

4.浮腫みとさよなら
立ち仕事で足が浮腫んでしまったり、毎日の疲れが溜まると下半身が浮腫んでしまったりは、特に女性に多い悩みです。そんな時、ふくらはぎを触ってみて下さい。パンパンに張っていませんか?足元を見てみると、足も浮腫んでいたり甲が高くなっていませんか?

足湯をして血液の循環を良くするか、ゆっくりと湯船に浸かってふくらはぎが柔らかくなるように揉んでみて下さい。その後基本ラインだけでもやっておくと、足の甲が低くなります。一通り終わる事には、浮腫みが解消されているはずです。

疲れからくる浮腫みは血液やリンパ液の循環が悪くなっているサインなので、それを出来ればその日のうちに解消すると、下半身太りから解放される日も近いです。

5.官足法を続けていると、暴飲暴食する気がなくなる
官足法をしっかりしようとすると時間が掛かるし、結構エネルギーがいります。今日はやりたくない~なんて日はかなりありますから笑。
一生懸命続ける時は、大体病気がちの時、心身ともに落ち着いていて気持ちが良い時とこんな感じです。

一番やりたくない日は、暴飲暴食した日とお腹がだるいその後二日間位!必ずと言ってよい程消化器官が痛むし、足全体が固くなっているので、あまり揉む気になれません。しかも、官足法を続けていると反射区が敏感になるので、物凄く食べた日なにかは土踏まずが痛くなったりするし、例えばここでは関係ありませんが、排卵時には踵がジンジンしたりもします。そうなると、下手して食べ過ぎると後で足にも痛みが襲ってくるので、そんな気も失せます。

6.甲状腺の反射区をよく揉んでみて

官先生が足の汚れ(沈澱物)が万病の原因だった―足心道秘術 の中で、太り過ぎと痩せ過ぎは甲状腺の反射区を痛みがなくなるまで揉むと治ると書いていらっしゃいます。ちなみに甲状腺の反射区は、両足親指の腹の脇です。(図⑫*)

甲状腺は正常に動いていると、必要なホルモンを分泌してくれるので、太り過ぎたり痩せ過ぎたりと体がバランスを崩すような事がなくなるのです。(**)

官足法で自分の体が気持ち良い体重に戻す

痩せたいと思う理由は何でしょう?ファッションの為やモデル体型になりたいからだとしたら、官足法で自然に痩せる事を目指すよりも、食事制限と筋トレや運動を続けて下さい。

健康な人って、自分の体が健康を維持できるベストな体重を保てるように出来ているのではないかなと思います。けれども、何処か故障があってホルモンが分泌されないだとか、栄養が吸収されないだとか、またきちんと排泄物を排出出来ないなんて事になると、浮腫みがちになったり、ダイエットしているのに体重が増えたり、または痩せ過ぎてしまったりが起るのでしょう。うつ病になったり自律神経が働かなくなったりも体重変化に影響します。

肉体的精神的な事を含めて、足を揉んで心身ともに健康でいると、体はハッピーになってその人が一番健康的で美しく見える体重に変化していくのではなると信じています。

食事制限や運動を続けながら、是非官足法も取り入れてみて下さい。細胞や血液レベルで綺麗になれるお手伝いになります。「1週間で3キロ!」など魔法のようなスピードでは変わりませんが、続けて行けばきっと満足する結果が得られるのではないでしょうか!

(*)官有謀著,足の汚れ(沈澱物)が万病の原因だった―足心道秘術 (マイ・ブック),1986年,文化創作出版
(**)前掲書,P.192-193

エステ体験【エルセーヌ】

スポンサーリンク