一週間以内で起きた5つの変化

足指をしっかり揉むことにした

官足法において、足指と言うのはとても重要なモミモミポイントだと思うんです。

知っていながら、今までなまけて揉んでいなかった私は、人生の何年かを確実に無駄にしてしまった気がします。

頑張っているのは、ここ1週間位。鼻からズゴーっと何か出てきたあの日以来、私は足指モミ魔になりました。

あの日、足指をしっかり揉んでいなかったら、あの素敵な体験は出来なかった訳です。もしかして、あの快感にもう一度出会えるかも知れない・・・そんな願いを抱きながら、あれ以来せっせと毎日足指を揉んでいます。

1週間以内で起った変化5つ

眉間からずずずっとオレンジ色の何かが出てくる快感はないものの、1週間で確実に大きな変化が現れました。その数々をご紹介しましょう。

1.耳の中に育っていた物体の圧迫感がなくなった
タイトルだけ見ると、この人一体何が言いたいのか・・・と頭を傾げてしまいますね。私も実際一体あれが何であったのかハッキリと分からなかったので、書いていてサッパリ意味不明ですw

半年は軽く悩まされた耳の中に住んでいる何か。結局内耳の腫れだと思うのですが、日によって大きかったり、なかったり、または耳下のリンパが腫れてきたりと、耳の周りや中に関して色々と問題が生じていました。専門家に診てもらえるまでまだ1か月あるし、どうにかしないと気持ちが悪い。

ここ最近、本気で足指を揉み始めたのですが、2日で治りました、はい。

半年間悩まされたのに、2日ですよ・・・こんなに早く治るんだったら、もっと前からやっておけばよかった。

耳下のリンパの腫れ感は凄く不快で、触っても本当に小さなしこり、或いは分からない程度なのに、普段ない所が腫れているから、腫れると気になって仕方がない。そうすると、首や肩が凝って来て悪循環なのです。

そのリンパの腫れっぽさがなくなったのは素晴らしい事です。

内耳の腫れとしておきますが、そちらもなくなったのは私的には一大事です。
腫瘍なのかもと言う不安があったし、最近は頭痛もしてきたので怖くて仕方なくて。でも、こちらもやはり本気で揉み始めてから2日で正常に戻りました。嘘のようにもう何も感じなくなりました。腫れが引いたようです。

半年間不快に思っていた症状が、本気で足指を揉み始めてたったの2日で治ってしまったのは、気が抜けると言うか何というか・・・勿論それなりに痛かったのですが、必ず変化があると思っていたので頑張って揉みました。

2.耳下の小さなしこりがなくなった
耳下にずーっと小さなしこりがありました。ちょっと心配するレベルで長い間あったのですが、大きくなっていないので次回専門家に会う時に診てもらおうと思っていました。

先週まで確実にあったし、凄く気になっていたのでどうすれば取れるか色々と考えたのですが、何をしても無理。

この記事を書きながら思い出したように触ってみたら、消えてた。

何度も確認したけど、やっぱり消えてる。ビックリ仰天です。一体何処へ・・・

3.眠りが深くなった
耳の中に何か育った感覚がはじまってから半年は経ちますが、それ以来夜中に何回も目が覚めるようになってしまいました。その度に鼻が詰まったり耳に圧迫感を感じたり、耳鳴りが酷くてまた眠りに落ちるのに時間が掛かりました。不眠で毎日疲れていました。

目が覚めるとお手洗いに行きたくなるので、その度に起き上がったりして、就寝から起床までの何時間かで幾度ベッドルームとお手洗いを往復したか分かりません。

快眠についてはまるで意識もしていなかったのですが、気がつけば親指をよく揉むようになって朝から一度も起きなくなっていたと言う感じ。よく考えてみると、親指は不眠に効くのでこれも効果の一つです。

親指は脳や鼻の反射区です。大脳、小脳、脳幹や脳下垂体を刺激する事が出来ます。体を調整するために、ここを良く揉むのは必要不可欠なんですよね。

4.目覚めが良くなった
これは3の「眠りが深くなった」と間接的に関係がある事です。

眠りが浅かった時は、朝も中々起きれず、リフレッシュした気分で一日を始められませんでした。
夏の気持ち良い朝とか、冬の快晴の空とか、目覚めた時に見える窓からの風景も毎日一緒。ドンヨリしていて起き上がるのも一苦労。下手すると、起き上がれずに泣いて一日過ごした事もあります。朝、腕を伸ばしてストレッチする気力もない。夜中に幾度も起きるので、疲れ果ててやっと朝方眠る毎日でした。

足指を揉むようになって、特に親指をきちんと刺激し始めたからか、眠りが深くなった分だけ朝はリフレッシュして起きれるようになりました。
ここ数日、目がパッと覚めて、気付いたら毎日思いっきりストレッチして気持ち良く起きれるようになりました。窓から見える空が青いと、今日も気持ち良い朝だなと思えるようになったし、雪が降っていたら外の様子を見たくなるし、雨が降っていてもしとしとして綺麗だなと思えるようになりました。寒い冬の朝でも直ぐに起き上がれるようになったし、何だか少し前の自分とまるで違う人間のようです。これも、足指をきちんと揉み始めてからの変化です。

5.鼻が通るようになった
これは自分にとって大きいです。
各足指の先には前頭洞の反射区があります。そこをよーく揉むようになったら、鼻が軽くなりました。

鼻詰まりがなくなったので、鼻の横から頬にかけての副鼻腔のツボも痛くなくなりました。

快眠は鼻が通ったのも大きいかも知れないのですが、鼻が通る前に眠りが深くなったので、やはりそれは親指効果かと思います。

目指すところは・・・

足指を揉むのは、正直とても難しいです。足裏のように平面になっていたら簡単ですが、足指は面積も小さいし、棒がきちんと入ってくれません。

指先をぐっと掴んでどんなに痛くても逃がさないようにして、棒の細い所でぐぐぐっと押し上げるようにして揉んでいます。

自分でやってて自分に拷問している気分なのですがw、それ位痛い。

悪い所はやはりゴリゴリしますし、老廃物が溜まっている所は刺すような痛みと言うか、明らかに押している痛みではないんですね。

左足指を押していると、右の頭で効いている箇所がビリビリと痺れる事があります。そんな刺激も何だか嬉しし、反応している感じが自分で確認出来るのでやる気が出ます。

今目指しているのは、耳鳴りの改善、副鼻腔炎の改善、そして不妊の改善です。

脳下垂体は多くの種類のホルモンを分泌している器官なので、卵子を成熟させたり排卵にも大きく関わってきます。脳下垂体の反射区を刺激すると、硬くてとても痛いので、そこを柔らかくしてどうにか少ない卵子の成熟を助ける事が出来ればと思います。

足指のマッサージ、痛いけれども必ず成果が出ます。

スポンサーリンク