本当に凄い効き目!酷い肩こりに効く反射区はコレ!

スポンサーリンク

またまた久しぶりの更新

前より元気になったし、またブログ書き始めるぞー!と思っていた矢先に帰国する事になり、暫く実家でお世話になっていました。

その間色んな事をしてみました。ずっと行きたかった足もみ医院に行ってお会いしたかった院長先生直々にチェックして頂いたり、人生初の人間ドックに行ったり、その辺の話はまた後で記事にしますけれども、中々実のある滞在でした。

足もみ医院には帰国後比較的早く行けたのですが、実際プロの方と院長先生に揉んで頂いて、揉む強さだとか反射区の場所だとか、自分の体で確認する事が出来て本当に有難かったです。今まで本やYouTubeのビデオで得た知識しかありませんでしたが、こんな感じかなと言う自己流のやり方と、プロの先生方に棒や手でじっくりと揉んで頂くのでは当たり前ですけれどもまるで違うものです。機会があれば皆さんも是非実際に施術を受けてみる事をお薦めします。

丁度その頃左の肩こりが酷かったのですが、一回目の施術で肩の反射区を押されて激痛でした。お陰で肩の反射区が何処にあるのか明確にわかり、それ以来自分でも気にして揉むようにしていました。

今更だけど反射区って本当に効くんだw

以前から足もみに少し興味を示してくれていた母が、ある日肩が酷くこっていると言ってきました。丁度、お風呂にも入ってリラックスしていた母の足をちょっと触ってみる事に。

数日間左肩が凝り過ぎで痛いのが取れないと言うので肩を触ってみると、思った通りとても硬くなっています。
次に左足の肩の反射区を少し押してみると、瞬間に痛みに反応したようで、大きな声で「痛い!」と叫びました。

「ここは肩の反射区なんだよ」

「そ・・・そうなの?本当に痛いわ。」

そんな会話をしながら何気なく揉んでいただけなのですが、暫くすると「あ、肩が軽くなってる。数日間あんなに痛かったのに、痛くなくなった!」とビックリしていました。そんな事を言われて、私もビックリしたw

ほんとに効くんだwww

ちなみに、今回揉んだのは「肩関節」の反射区。両足にあるんだけど、丁度小指の下に出っ張っている骨があって、その真下の窪んだ所。肩こりを即効で良くしたかったら、ちょっと揉んでみてください。肩が超絶凝っている人にとってはとても痛い反射区だけれども、兎に角効きます。

官先生も、ご自身の本の中で「肩こりを直すには肩を揉んでいてもちょっとの間柔らかくなるだけで直ぐ戻る。肩の反射区をよく揉み解せば大丈夫。」と言う感じで仰っています。

足裏の僧帽筋、頸部、副甲状腺と足の甲にある肩甲骨の反射区を揉むと、確実に肩は楽になるようです。

足の反射区を詳しく知りたい方は、官足法グッズで有名なウインターベルさんにある表が役に立つと思います。やはりしっかりと自分で揉んで治したいと思っていらっしゃる方は、本を何冊か持っている事をお薦めします。私のお薦めは4冊ありますが、詳しくは「お薦め書籍」のページでご紹介させて頂いています。

去年から膝が弱くなった母ですが、膝の反射区の周りは腫れていて、触ってみると骨とは違う。老廃物が溜まってる感じです。この周辺がスッキリするまで揉めば、必ず膝も治るよと言ったのですが、多分やらないかな笑。私が毎日周りにいたら、治してあげられるのになぁ。

念の為、次の朝に肩の調子を聞いてみると、肩の反射区を揉んで以来本当にこりが消えてしまったと言うのです。

肩からあんなに離れた足なのに、反射区を揉むと痛みやこりが消えるとは、やはり反射区ただ者じゃない!

未体験の気持ち良さ。今までにない満足感。【soft stone back(ソフトストーンバック)】

関連コンテンツ
スポンサーリンク