カイロプラクティックをナメ過ぎていた

スポンサーリンク

長い冬の終わり

日に日に秋が深まっている今日この頃です。周りはハロウィーンの準備に入りはじめた所だけど、私の心の中では、やっと長い冬が終わった気分。厳しい寒さと苦しさに耐え続け、漸く暖かい春が来ました。

2月に体調を崩しましたが、まさか9月下旬まで続くとは夢にも思っていませんでした。

今回の体調不良は、沢山の症状が代わる代わる出てきた事もあり原因が突き止められず、不安でたまりませんでした。あまりにも長く続く不調から最後には精神的に滅入ってしまい、1か月前から抗うつ薬も飲み続けています。

そんな中環境の変化があり、それがターニングポイントになったようです。

ここ1か月ちょっと、官足法は少しお休み中です。理由は、引っ越し。本当ならばマッサージを続けて体を労わってあげなければいけないのに、荷造りや仕事、家事を同時にやっていると、いつもフラフラでマッサージする気力も体力もありません。

官足法をお休みしている間も、何かと胃の反射区がジンジンしていました。舌を見ると真っ白。たまに一部が黄色くなったりして、胃腸が悪いのが一目瞭然でした。不思議な事に、これだけ胃腸の調子が悪いサインが出ているのに、口臭が気になった事は一度もありませんでした。なので、胃が荒れている訳ではないのかもしれないとは思っていました。爪の色は健康的な綺麗なピンクだし、あんなに便秘体質だったのに毎日すこぶる快腸で、自分の体は一体健康なのか不健康なのかさっぱりわかりませんでした。

胃に負担がかかっているのは反射区と舌だけでなく、何かあると必ず重くなる左上半身が物語っていました。起きる事も出来なくなる事があり、絶対に悪い病気だと思っていました。

毎朝起きた途端に吐き気がし、毎秒毎分寝るまで続きました。吐いた事は一度もないのですが、あまりの吐き気に朝目が覚めた途端にえずく事も。ゲップのように空気が沢山出ました。吞気症Naverまとめ「【呑気症】症状・原因・治療法」)ですね。

食いしばりも酷くなり、気が付くと歯を思いっきり食いしばっていました。顎の関節も痛くなって、耳の違和感がまた発生しました。耳鳴りは酷いし、気が狂いそうでした。

きっかけはグルーポン

体調悪化がマックスになっているのに、週末も仕事があり休む暇がありません。病院へ行き主治医にストレスを感じると起こる症状を話した所、抗うつ薬を薦められました。いつもなら断る所ですが、今回は精神的に追い詰められていたため、直ぐにOKしました。

同じ頃、今まで気になっていたカイロプラクティックのグルーポンを購入してみる事に。引越した先からとても近かったのと、レントゲンと何回かの施術が割引になっているのに加え、グルーポン内で使える10ドルオフのクーポンを使うと、信じられない程安く買えたのです。

はじめて先生とお話すると、自律神経と体の関係について説明され、日本人の私にとって大きな安心感に繋がりました。交感神経と副交感神経が、臓器と首から背骨と影響を与えあっている図が描いてある大きなポスターさえ貼ってあります。

アメリカでは、医師から自律神経失調症と診断してもらえないのです。調べてみると、病名からして存在しないのですね。なので、精神と臓器との繋がりを理解してくれる先生に出会えたというだけで、私は救われた思いだったのです。

アメリカのカイロプラクティックは信頼出来る

アメリカでカイロプラクターになるには、国家資格を取らなければなりません。また、医師になるのと同じような教育を受けるので、医学的な知識も豊富です。健康保険もきくので、カバレッジさえよければ、金銭的に負担がかからず定期的に通う事が出来ます。

初回は、レントゲンを撮ります。それを見ると、私の首はストレートネックになっていました。また、左に首が傾いていて、それが左側の肩や肩甲骨の痛み、また吐き気の原因だったと言う事です。他の症状を並べると、症状は全て首からだと言われ、それを聞いた途端、心が楽になりました。

施術後は、毎日の生活で出来る事を教えて下さいました。水を沢山飲むこと。ストレッチをする事。首は後ろに倒してストレッチしない事。神経が圧迫されてしまって、もっと悪くなる恐れがあるから(ネットで首を後ろに倒すストレッチを見て試していたので、速攻やめました)。寝る時に、アイスパッドを首の下に置くと良いとも言われました。確かに、朝起きて首が凝り固まっている事が少なくなりました。

最初は週2回、それから月に1,2回と言うのが目安で、あと2か月もすれば治るだろうと言う事です。

施術の後、毎回「スッキリ」する訳ではないんです。2回目からは、お話を含めて10分程度で終わってしまう程施術時間が短い。けれど、毎回終わってから次の施術までに、そういえばあそこが痛くなくなったとか、そういえば胃の不快感がなくなったとか、必ず何か改善されています。何か月も真っ白だった舌は、一回目の施術後健康な色に戻りました。

あんなに酷かった吐き気ですが、今はもうしません。肩が重くて起き上がれない事もなくなりました。耳鳴りはまだするけど、耳の不快感は消えつつあります。

首が未だに痛い事があるんだけど、不思議な事に足親指にある首の反射区が痺れてるんですよね・・・官足法も、またはじめます。

「私はこれで、枕難民を卒業しました。」→まったく新しいストレートネック枕の“あり得ない”秘密とは?

スポンサーリンク