4か月も体調を崩してはじめてわかった健康の有難さ

体調を崩して以来、追い詰められていく毎日

6月に入って最初の投稿です。

仕事が超絶忙しく、また体調が悪いのも重なって、子供の面倒を見て、必要最低限の家事をして、仕事をして、睡眠を取ってと言うのがやっとと言う状態が続いていました。

今もほぼ同じですが、段々と日によっては症状が軽く思えてきました。
そう、日によっては、です。

例えば一昨日はいつになく気持ちよく過ごせたのに、昨日の朝起きたらまた症状が悪化していて絶望。昨日はパニックに陥りどうしてよいのか分からず、幾度も涙して寝る頃には目が腫れてしまいました。今日は少しだけ安定していますが、空虚感で一杯です。

アレルギー性鼻炎と思っていたのですが、それが終わってから続いている耳の症状はアレルギーとは関係ないようです。

何故私がこんなにも追い詰められてしまったかと言うと、症状の一つ一つはとても不快で、また何が原因か全く分からない為医者にかかるわけですが、だとしてもまるで解決方法が分からないのです。
例えば、先月のはじめから耳に圧迫感のある症状が出ましたが、1か月ちょっと続いたと思ったら、先週からいきなり頬と目に移りました。あまりにも不快でまたドクターに診て頂くと、今度は上顎洞炎と診断されました。鼻の中で炎症を起こしていると言うのです。

2月からずっと微熱も続いているし、一応血液検査をして、例えば白血病とかリンパ腫と言う事もあるかも知れないし、或いは免疫力の低下の可能性をチェックしようと言う事でラボに回されました。ついでにHIVスクリーニングにも出すと言う事でした。結果、両方共問題なし。血液検査に関しては、去年の9月の時よりもすべての数値が平均値に収まり、見栄えが良かったほどです。

上顎洞炎と言えば歯周病や歯や歯茎の影響がある可能性がありますので、歯医者さんに連絡して診て頂きました。レントゲンを撮ったところ、確かに歯茎の上で炎症が見られるけれども、歯と歯茎が引き起こしているとは言えないと言う事でした。

ネットで調べればがんばかりヒットするし、こんなにも調子が悪くて、何処へ行ってもきちんと治らなくて、パニックになり過ぎてそれも症状が悪くなる原因だったと思います。

足を揉んでいると少しでも心が軽くなる

こんな時に、官足法を知っていて本当に良かったなと思います。真面目に官足法を実践しているのに、どうしてそんなに不健康なのかと言われたら何も言えないけどw

でも、よく考えてみたら、確実に何か根本的なものが変わってきているのではないかと思います。

例えば、ここ1か月位で足指をよく揉むようになったのですが、はじめは親指をまんべんなく揉むようにして、それから暫くしてここ1年以上左手にあった毒素ポケット(詳しくはこちらで)が小さくなってきたのを確認しました。これもなくなると思わなかったから写真を撮っておけば良かったんだけど、毎日親指を揉んでいたら今から2週間位前にすっきりなくなってしまいました。

踵は相変わらずツルツルです。便秘も見事に解消してしまいました。

足と言うのは本当に正直で、例えば今右耳の調子が悪いのですが、そうすると左の小指にある右耳の反射区が石のようにかたくなっているのです。マッサージしている時に特に右耳に違和感がなくても、左足の小指を揉み始めると直ぐに反応して、右耳に圧迫感や痺れを感じます。最近は悔しいので、これでもかと言うほど潰すように揉んでいます。大分柔らかくなってきたと同時に、耳への圧迫感も緩和されてきました。

先週まで右の鼻が半分詰まっている感じがしたのですが、その時も面白い事がありました。

左足の親指に右頸部の反射区があるのですが、そこを揉み始めると鼻が通るのです。その頃は首と肩甲骨に異常なコリがあったので、それを解消しようと揉んでいたのですが、首のコりは鼻の詰まりに大いに関係していたのですね。

鼻、鼻腔とこめかみや耳など、顔半分がビリビリ来るのは幾つかの内臓の反射区を押した時です。

丁度親指の腹にある甲状腺の反射区は、鼻炎などがあると押すと物凄くびりっと来ます。そこをずっと刺激していると、そのうち鼻がびりびりきて通るようになります。

他には、土踏まず全体。ここには、胃、十二指腸と膵臓の反射区があります。
土踏まずは今まであまり痛くなかったのですが、しっかり踏み出したら出てくる出てくる・・・しこりだとか、痛みだとか、なーんだ、こんなに傷んでるんだったらもっと早くいってくれればいいのに~涙。ここを重点的に踏んでいると、くるんですね、耳に。じんじんびりびり気持ちよいほど響くのです。

そうなんです。気持ちが良い。

耳の中や鼻腔内の圧迫感は、不快で仕方がありませんでした。毎日目が覚めが途端にぽわーんと何か変なものが育っているような違和感が顔の中でする訳ですが、それを確認する度に絶望と不安がまた襲ってきます。

ちょっと時間が出来ると、ウォークマットに乗ります。一歩踏むと耳や鼻、こっている頭に響く事があります。そういう小さな体の繋がりに体の神経を集中させていると、どの臓器と繋がっているかとか、そういう事が分かってきます。この経験は、とても貴重で、今でも日々新しい発見があります。

抗生物質を五日間飲みましたが、微熱は下がってきたものの、炎症はまだあります。なので、2日前から炎症を抑える為にリンパの反射区もよく揉むようにしています。楽にはなってきているので、やはり効くのかな。右顎の奥が腫れているようなので、上顎の反射区も揉み始めました。結果はまたご報告します!

関連コンテンツ
スポンサーリンク