鍼の効果と好転反応が凄かった

スポンサーリンク

疑問が多いアメリカの医療システム

やっと症状がましになってきました。

と言っても、結局何だか分からず仕舞い。

少なくとも、ブログを更新できる位は回復しました。

ここ1週間で3回病院へ行ったのですが、誰一人ときちんと原因を突き止めて対処してくれなかった。

日本だったら、耳鼻科に行って診断して頂いて、お薬貰って通院して、今頃かなり改善されていた症状だったと思います。

アメリカでは、明らかにアレルギー性鼻炎だとか、副鼻腔炎からくる後鼻漏だと自分で分かっていても、最初から耳鼻科へ行けません。
まずはプライマリーケアでドクターと話をして、改善するにはどうすればよいか、色々な可能性を考えて話をしたり検査をしてくれます。そこで専門家に診てもらった方が良いとなると、そのクリニックに紹介状を書いてくれます。
そこからそのクリニックと予約を取るのにまた時間が掛かって、症状は悪化すれども何も出来ず、ただ時間だけが経って行くのです。とてももどかしい・・・。その前に辛さと心配だけが大きくなって、それだけでも自律神経がやられて気がおかしくなりそう。

更に、健康保険は各自で入るものなので、良いカバレッジがあればそんなに請求がきませんが、保険を持っていない或いは持っていてもあまり良いカバレッジではないと、一回受診するのにも高くつきます。
耳鼻科へ行って受診して終わりならまだしも、紹介状を書いてもらう為に一度違う先生に会いに行くのに、また高額な医療費を払うのはちょっと納得がいかない。

一度目に受診した時、花粉症と鼻炎だと診断されました。
素人判断でも分かる位、確実に後鼻漏からくる酷い咳だったにも関わらず、鼻水や後鼻漏に関しては全く対処してくれず、喘息の吸入薬だけを処方されました。勿論、咳は後鼻漏からきてると思いますと伝えてあります。

次の日から症状が悪化し、鼻は出るは一日中むせこんでるわ・・・仕事まで休む始末です。子供の世話も出来なければ、家事も手に着きません。微熱も続いてぼーっとしているし、だんだん鬱になってきた(涙)。

一週間もすれば治るよねと思っていたら、とんでもない。もっと酷くなりました。

こんな事繰り返していたら埒が明かない。誰か助けてー!と悩んでいた時、友人が鍼治療に行った事を話してくれました。
鍼はやった事ないけど、カッピングもしてくれるらしく、むしろそちらに興味があったし、そこに行けば症状が軽くなるかも知れないと希望が見えてきました。

はじめての鍼治療

咳のし過ぎで刺すような肩の痛みが2日間続き、そのせいか背中もやられてきた・・・真っ直ぐ立っていられない。

精神的にも肉体的にも疲労しており、それでも頑張って運転して鍼治療院へ。
先生は中国系の方なのですが、サバサバしていて話し易く、なにより私の症状をちゃんと理解してくれて本当に嬉しかった。

カッピングもはじめての経験。思った以上にすざましい吸引力に驚きながらも、ヒーリングミュージックを聴きながら横になっていると瞼が重くなってきた。咳で寝付けなかった日々が続いて衰弱してたけど、その時にはじめてリラックス出来ました。有難い。

いよいよ鍼治療なのですが、やっぱりちょっと怖いねw
左右同じ場所にうっているのに、弱っている左側の方の重さが半端ない。鍼を打つ瞬間、痛みが走る事にも気付いた。逆に、右側は然程痛くない。鍼を打った瞬間に、場所によってはちくっとした感覚がある程度。

最初は重いなぁ、と思っていながら仰向けに寝てるんだけど、そのうちその重さが消えていって、次第にうとうとし始めた。施術中、咳き込むことは全くないし、咳の事すら忘れられた。

家に帰って来て、スチームに顔を当てて鼻水を出し、その後ウォークマットに頑張って乗った。いつもより長い時間乗って、そんな事をしているうちに足裏の痛みがなくなってしまった。背中は相変わらず痛い。

大変だったのは、その日の夜だよ。

夜中に起きたら汗で上半身びしょびしょ。シーツも枕も濡れてる。さらさらの汗なので不快感はなく、とりあえず着替えてシーツの上にタオルを敷いて寝る。その時にはまだ背中や肩の痛みが激しく、もう一度寝れるかどうかも心配だった。まぁ、寝れたんだけどw

朝起きたら、久々の平熱。そりゃそうだよね。あれだけ汗をかいたんだもん・・・

で、もっと驚いた事があった。

なんと、背中と肩の痛みが何もなかったように消えてた!!!
あの痛みは何処へいったの?と思わず探しちゃいたくなるほど、まるっきり痛みがない。

しかも、それに便乗してか、覚えている限りでは生まれて初めて、起きて直ぐに催したw

どうなってるんだ?すごくね???

カッピングした場所は、弱い所は吸引跡が紫に近い。それが、一番痛かった肩。両肩とも未だに色が残っています。

漢方薬で、咳と後鼻漏に効くものも処方してくれたんだけど、それも意外と即効性があって、症状が若干楽になった。

昨日も鍼治療へ行ったんだけど、やっぱり左の肺の点が痛かったー。右は何も感じない程改善してた。鍼をうつ瞬間すら分からない程。
カッピングも、前回と比べると色に格段の差がある。また月曜日に行くんだけど、もっと良くなるかな・・・。

官足法も頑張ってる

ここ数日間で症状に対して不安が募り、何だかよく分からない時に涙が出るようになってしまいました。完全に自律神経やられてます・・・微熱も続いて心配が大きくなる。しかも、老犬だった愛犬とのお別れもあり、アレルギー性鼻炎か花粉症か副鼻腔炎か何だか分からない所に情緒不安定。もう嫌(涙)。

そんな時、足を揉むとスッキリします。ここ数日は何故かめちゃくちゃ痛くなって辛いんだけど、頑張ってどこもかしこもウォークマットで揉んでる。揉んでいると次第に痛みが消えて行くし、その間は咳も出ません。

左側が弱ってるんだけど、そこに一生懸命足の甲のリンパの反射区を思いっきり揉んでしまったため、腫れてしまった・・・(涙)。甲が腫れているのはがんだとか何だか嫌な事が書いてあるのを見てしまったから、それでまた怖くなったんだけどね。多分揉み過ぎ。右は何をやっても腫れないので、やはり左側が相当弱ってるんだと思う。

そういえば、昔霊能力のあるお友達に言われたよね。「左側を気を付けなさい」って。当たってるな。凄いな。

先週まで柔らかかったはずのふくらはぎと太ももが、めっちゃくちゃかたくなってる。
ローラーで揉み解すんだけど、左は特に物凄い青痰が出てきた。
実は、先週病院へ行った日辺りから急激に症状が悪化したんだけど、もしかして風邪ももらってきちゃったのかなぁ?

今は、咳はかなり落ち着きました。抗生物質を飲んでいるのですが、副鼻腔炎もあったので後鼻漏はかなり減りました。アレルギー性鼻炎だと抗生物質は効かないんだけど、アレルギー性鼻炎はそれはそれであるとしたら落ち着いてきてる。昨日、やっとこさ耳鼻科の先生に紹介状を書いて貰えたので、いつになるか分からないけど何にアレルギーか調べてきます。

昨日お会いした先生は、幸運にも病院のチーフでした。流石、先生は知識が豊富で色々と教えて下さり、今年のアレルギーがどんなに酷いかとか、沢山の人がクリニックを受診しているから、大丈夫、君たった一人でないから安心してと元気つけてくれました。私のしょうもない不安で一杯の質問の数々にも、きちんと丁寧に答えて頂けたので嬉しかった。

ほんのちょっとの微熱が続いているのと、顔と耳が圧迫されて昨日から片方だけリンパがちょっと腫れていて凄く不快なんだけど、少なくとも先週の今頃よりはかなり良くなっているのでホッとしています。このまま元気になれますように。

“痛くない!”“コワくない!”貼るだけカンタン!ささない鍼 Acu Life(アキュライフ)

関連コンテンツ
スポンサーリンク