官足法を再開して4か月:腸の反射区で改善した点

スポンサーリンク

ウォークマットは入浴後に

最近、体を温める為にとデトックスの為に、毎日エプソムソルトバスに入っています。

お風呂って、やっぱりいいですね!
これが、日本のお風呂だったらもっと嬉しかったんだけどな。

せっかく足も柔らかくなたので、足が冷える前にお風呂の後はなるべく直ぐにウォークマットをするようにしています。

今日は何処が痛いのかと想像すると、未だに踏み始めは緊張しますw

以前は、痛い場所は冷や汗が滲み出る程、全身で反応していました。
本当に背中の毛穴から汗がじわ~っと滲んでいるのが分かりました。

ここ数日は、反応してから暫く放心状態になってしまうような種類の痛みからは、やっと解放されました。

官足法を再開して4か月、ウォークマットIIをまじめに踏むようになって約1か月程です。
続けてきた甲斐がありました~。

腸の反射区の脱皮開始

ウォークマットを踏んでいる途中、たまに足裏をチェックする事があります。

最近、基本ラインに沿って白く線が入り始めたのは気付いていたのだけれども、何とここ数日は腸の反射区にまで広がっています。

片足ではありません。両足共全く同じように、腸の反射区に白く線が入っています。

まるで、乾燥が酷くなったようで、実際にヒビが入ったように小さく乾燥した箇所は、皮がポロポロと剥けています。

それを見て、以前こちらでもご紹介したのですが、好転反応のついてのウィンターベル健康ショップ店長さんのお言葉を思い出しました。

(店長さんには、ウィンターベルさんのウェッブページからの引用について、許可を頂いております。)

足裏には老廃物(血液のゴミ)が詰まって結晶化しています。

それが足踏みによって徐々に削れてゆきますが、削れたゴミはとりあえず足裏から移動します。それが途中でまた詰まってそこに内出血を作ることがあります。100%、足の周辺です。また、ゴミが砕けて散らばることで痒みを感じることもあります。皮膚近くに出てきてガサガサになることもあります。しこりが浮き出します。水ぶくれになることもあります。

足踏みを継続すれば間もなくそのようなことはなくなります。

(出典:ウィンターベル健康ショップ:好転反応

「皮膚近くに出てきてガサガサになることもあります」とありますが、まさに、私の両足裏の腸の反射区に起っている現象です。

私の場合、ガサガサを通り越して、本当にポロポロ皮が剥けてきちゃったんですけどね!

毎回足チェックをするのですが、こんな足裏見た事ないです。
しかも、エプソムソルトバスにゆったり浸かって、むしろふやけていてもおかしくない状態なんだけど?

もしかして、ウォークマットでそこだけ丹念に踏み過ぎなのかも知れないとも思いましたが、そんな事を言ったら、足裏全体足の指までぺロペロのはず。

他の場所はピンクで皮膚がなめらかです。何十分かウォークマットを踏んだ直後もそのまま。

腸の反射区だけは、くぼみが出来たり、白くカサカサになったりします。これは、最近はじまった反応です。

丁度一か月位までになるのですが、ある日突然足指下の肺や肩の辺りの反射区がガサガサになり、皮がポロポロ剥けた事がありました。この時も、両足同じ場所でした。一週間位すると元通りになり、今は綺麗な色をしています。

もともと酷い肩こりでしたが、官足法を再開し始めてから、気が付くと肩が凝り過ぎて頭が痛くなり、物事に集中する事が出来ないと言う事はなくなりました。

柔らかくなった反射区

腸の反射区は、いつも何となく重苦しく痛いです。

疲れていたり、食べ過ぎたりした日は特に体中が痺れるような重い痛みがあります。まだ何かきっと正常に動いていないのであろう痛みなのは確かですが、ここまでくるのにながーい年月がかかりました。

官足法をはじめた頃は、腸の反射区だけ鉄板が入っているような感じで、びくともしなかったのです。

かなり頑張って揉んでいたのですが、結局自力じゃ動きませんでした。あまりにも動かないので、そのうちにそういうものだと思い込んでしまった程。

しかーし!4か月前に官足法を再開して自分が間違っていた事を知りました。

若石ローラーをはじめてから直ぐの事だったのですが、ある時足を触ると腸の反射区が、柔らかくふんわりとしていたのです。鉄板は消えていました。

あの感動と言ったら、今でもハッキリ覚えています。
足が柔らかくなると、こんな感触なんだと嬉しくなり、思わずなでなでしてしまいました。

その時の事は、ブログをはじめて直ぐに記事にもしました。

それから今に至るまで、まだまだ腸の痛みは取れないのですが、少なくとも若石ローラーのお陰で鉄板のような反射区が柔らかくなった事は今でも感謝している事です。

腸の反射区から重苦しい痛みをなくすまでは、まだまだ沢山課題があります。

スポンサーリンク
関連コンテンツ